結婚式にそれはダメ!参列者の身だしなみのマナーとは?

これはNG!参列者のドレスマナー

結婚式にお呼ばれされたから、服装は自分好みにお洒落しよう!と意気込んでしまう気持ちがあるとは思いますが、これだけは着ていってはいけないドレスがあるんです。今回は恥をかかないためにも、NGドレスを紹介していきましょう!まずは「白のドレス」。これは花嫁とカラーが被ってしまうから着てはいけないんですね。「アニマル柄のドレス」もマナー違反です。殺傷を連想せざるを得ないこの柄は、めでたい結婚式の場にはふさわしくありませんもんね。これらのドレスは着ていくのはやめましょう!

ドレスの次は髪型!気をつけたいヘアアレンジ

着ていくのは止めておくべきドレスがあるように、止めておくべきヘアアレンジもあります。次にそれを紹介していきましょう!やはり華やかな雰囲気が特徴的な結婚式なので、ダウンスタイルはするべきではありません。「きちんとセット出来ていない」と周りの人から思われてしまう可能性もあるため、アップスタイルにしておきましょうね。また、魅力的なアレンジを自身でするとなると、時間も手間もかかりますし技術も必要です。やはり高リスクであるため、美容院にヘアアレンジを依頼することをオススメします!

仕上げはカバン!これでマナーは完璧!

ドレス、髪型ときたら仕上げは「カバン」ですよね!カバンにも、実はマナーがあるんです。まずカバンも「アニマル柄」のものは控えましょう。やはり殺生をイメージする柄なので、控えておくべきですね。女性にありがちな「紙袋」も、結婚式の場面では絶対に止めましょう。いくらブランドの紙袋だからといって、結婚式のようなしっかりとした場面ではマナー違反です。カジュアルな状態とフォーマルな状態、意識してコーディネートするべきですね!

大人気の越谷の結婚式場の共通点として、親切なスタッフが配置されていることや、プランが豊富に用意されていることが挙げられます。