大切なプロポーズを失敗させないための心得!

心得その1 タイミングをきめるべし!

まずはプロポーズをするタイミングを決めなければいけませんよね。タイミングを決めておかなくては、心の準備やプロポーズのシチュエーションなどを考えることもなかなかできません。タイミングは人それぞれだとは思いますが、例えば二人の付き合った記念日や、相手の誕生日のときなどがベターなタイミングです。変わったタイミングとして、3月14日があります。3月14日を円周率に見立てて、永遠に続くという意味合いを込めているのです。

心得その2 プランを練るべし!

プロポーズのタイミングが決まったら、今度はプランを練りましょう。例えば、どんな場所でプロポーズするのか、どんなプロポーズの言葉を言うのか、どんな婚約指輪などのプレゼントを贈るのかなど、決めなくてはならないプランはたくさんあります。プロポーズは一生の中で一番重要な瞬間と言っても過言ではありません。その一番重要な瞬間を成功させるには、プランをしっかり練ることが必要なのです。素敵なプランを練っておきましょう。

心得その3 練習するべし!

プロポーズのタイミングやプランが決まったら、本番を迎える前に何度も何度も予行練習をしておきましょう。いくら素晴らしいタイミングとプランが出来ても、本番でもたついてしまってはいけませんよね。たとえたくさん練習をしても、本番は必ず緊張します。セリフを噛んでしまうことや、プラン通りにいかないことがあるかもしれません。ですが、練習をしないよりは練習をしたほうが必ず良い結果になります。これらのことを気をつけてプロポーズに挑みましょう。

プロポーズは男性から行う事が一般的ですので、結婚をしたいと思う女性がいる場合には、結婚をしたい意思を伝える事が大切です。