親族だけの結婚式を選択する理由や注意点とは

親族だけの結婚式をあげたいという人は多い

家族親族、友達、勤め先、みんなからお祝いして欲しいと願う人がいる一方で、結婚式はあげたいけれども盛大にやりすぎるのもな、と迷っている人も少なくありません。「スマート婚」などという言葉が取り沙汰されるようになったことからも分かるように、祝福してくれる人が多ければ多いだけ、費用や手間がかかるからです。また、「女性なら着飾って祝われるのが大好きでしょ」と思っている方は男女問わずにいますが、「いや、私はそういう場が苦手なので…」と首を振りたくなる女性の数は少なくありません。もしも「親族だけの結婚式にしようかな」と迷っている人がいるのであれば、是非その方向で検討を進めてみてください。

大きな結婚式は思っている以上に大変

元々飲み会やパーティなどを企画するのが好き!という人にとっては不思議かもしれませんが、そういった企画をすることを苦手に思う人にとっては、「結婚式の席次表や招待状を考えること」そのものが大変な苦労です。「この上司とあの上司を呼んで」だとか、「招待したけれども着て頂けないので、ここの席を変えて」といった確認が欠かせません。付き合いの長い気兼ねない友達同士でも、場合によってはグループ内で喧嘩をしている、恋愛関係で問題になっている、なんてトラブルを抱えたままかもしれません。結婚式だけのために全力を注げれば話は違うかもしれませんが、仕事などをしながら調整をするのは簡単なことではありません。このため、「全員平等にお招きしない」と問題解決方法もあるのです。

その後でフォローなどは大切に

ただ「親族だけの結婚式だから気遣いなどは要らない」と言っておいたとしても、友人や職場の人達の中には、「せっかくのお祝いごとだから」とお祝いを用意してくれたり、食事に誘ってくれたりするかもしれません。その付き合い方に応じて、別途食事会を開いて友達だけを招く、あるいは引き出物とまではいかなくともお礼の品を渡しておく、といった心配りは欠かせません。結婚することによってライフスタイルに変化が生じ、今まで通りに付き合えなくなってしまいがちです。望まないうちにしこりが出て、疎遠になってしまうことが無いよう、挨拶周りなどをすることが大切です。

少人数での結婚式とは、結婚式にあまり大人数を呼ばない人に人気のあるプランです。人数が少ないので新郎新婦も気を配る事が出来ると言われています。